のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼりにはどれくらいの経済効果があるのか

のぼりにはどれくらいの経済効果があるのかを考えてみる場合、のぼりの効果のポイントを告知におくのか、集客におくのか、売上げにおくのかによってまったく違ってくるからです。

例えば、スポーツ大会などでは企業ののぼりが沿道に立てられます。
15秒のスポットCMの1本の放映料金は約10万円で、これに視聴率を掛けると言われています。
視聴率が5パーセントであれば、50万円の費用が掛かります。
15秒のスポットCMとテレビの片隅に映ったのぼりの効果を比較することは難しいことですが、2時間のマラソン中継の 中で企業ののぼりを10回、20回と見ていけば、15秒のスポットCMを1回出すのと、沿道に1,000本のぼりを立てるのと どちらが効果があるのだろうと考える人がいても不思議ではありません。
テレビという不特定多数に告知をするという点では、全国販売している商品があれば、企業は十分に効果を得られ るのです。

少なくとも、選手の応援のためだけに沿道に1,000本ののぼりを立てたりはしないのです。

あるお店ではお店の告知のためにのぼりを立てているかも知れませんし、集客のためにのぼりを立てている場合もあります。集客の為に立てているのぼりの経済効果を出すのは難しいのですが、自治体が行っているイベントなどは、 まさに集客のために使われているのぼりと言えるでしょう。

自治体のイベント開催中に何人の人がイベント会場を訪れてくれたのかということは、イベントの予算が妥当であった かどうかを判断するためにはとても重要な指標になります。 何年か続けているイベントであればなおさらで、のぼりを立てて少しでも人をイベントに集めたいと考えるのは、イベン トに掛けた費用の根拠になるからです。

一般の路面店の前にのぼりを立てる場合も考え方は同じです。経済効果は売上げがどのように変化したかを測定するしかありません、それはそれ以外の分析を行うことに意味が ないからです。