のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

オリジナルのぼりを作る場合の注意点

こだわりのオリジナルのぼりを作りたいと考えるのは誰でも同じですが、すべての人が優れたデザイナーやクリエータ ーになれないと同じで、オリジナルののぼりを作るのは極めて難しい作業です。

どんなサイズにしたらいいのか、どんな文字を使えばいいのが、どんなカラーがいいのか、イラストなどがあったほう がいいのか、文字数は何文字までがいいのかなど、考えだすとキリがありません。

のぼりのデザインはいろいろな観点から考えに考え抜かなければいけません。
いろいろな観点というのは、広告効果をどのように測定するのかということも考えなければいけないからです。

のぼりを立てるからには、なんらかの効果を望んでいるからで、もし告知効果というのであれば、告知効果をどのよう に測定するのかについても考えておく必要があるのです。
のぼりをどこに何本立てるのか、何種類立てるのか、同じデザインにするのが、別々にするのかなどを、オリジナルの ぼりを作るときには考えなければいけません。

オリジナルのぼりを作る場合には、のぼりの効果測定が簡単に出来るデザインのものから作って試していくのがオス スメです。初めからベストなのぼりを作ろうと考えても、まず基準になるものがなにもないのですから、どんなに考 えてもムダなことがあります。

分かりやすいのぼりというのは、すぐに効果があるのぼりです。
例えば、のぼりで訴えたいことがお店の名前の告知であれば、効果測定の方法はほぼありません。
のぼりにお店の名前を書いて立ててあるだけになって、認知されたかどうかを調べる方法を別に考えなければいけな いことになります。

しかし、来店者数をアップさせたいというのぼりであれば、のぼりを立てる前の1週間の来店者数をカウントしておく だけで、のぼりを立ててからの来客店数の推移を比較することが出来るのです。
「ご来店をお待ちしております」というのぼりを立てれば、のぼりの効果があったかどうかが分かるというわけです。