のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼりで伝えることが出来ること

のぼりで売上げアップを狙うのはお店をやっていれば当然です。どんなに優れたサービスや商品でもまず気付いて もらわなければ、売上げアップには繋がらないのです。

サービスや商品は認知されなければ、商売をやっていても仕方がないからです。確かに時間が無限にあれば、優れた サービスや商品は必ず多くの人に知られることになります。しかし、時間は有限でサービスや商品にも旬の時期があ って、タイミングを逃すとどんなに優れたサービスや商品であっても人気が出ないということがあるのです。

同じようなサービスなら先に知られたもののほうが、先に売れ始めます。
例えば、同じタイミングで近所にアイスクリーム店が2店出来れば、最初に人気になったほうのお店に人は流れます。

美味しいかどうかではなく、人気があるかどうかが新しいお店を選ぶ判断基準になるからです。
少しでも早く認知されることは、とても重要なことで、お店の前にのぼりを立てるのも、まず認知してもらうための方法の一つなのです。

新聞の折り込みチラシの費用を考えれば、店の前に立てるのぼりのコストが如何にコストパフォーマンスが高いかが 分かります。営業時間にお店の前に立てるだけで、電気代が掛かるわけでもなく、お店の前を通り掛かる多くの人にのぼりが語り掛けてくれるのです。

いったい、どんなサービスをしているのか、どんな商品があるのか、どんな雰囲気なのかまでのぼりで伝えることが出来るのです。

より分かりやすいのぼりにすべきなのは、お店の前を通り掛かる多くの人は、歩きながらのぼりを読もうと思っている ワケではないからです。街の風景のひとつとしてのぼりが目に入り、そののぼりに「気付き」があれば興味を持ってもらえるものだからです。

ですから、「気付き」がなければのぼりには効果がありません。
例えば、暑い日中に「かき氷」というのぼりを見つければ、涼みたいという「気付き」があるからお店に入ってみようという動機が脳の中に生まれるのです。