のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼり旗を長持ちさせるためには

のぼり旗を長持ちさせるためにはどうしたらよいでしょうか。基本、のぼり旗の寿命は約1~3カ月であると言われています。でも手入れや使い方次第で、もう少し延ばすこともできます。

まずのぼり旗の傷みの原因となるのは「汚れ」ですが、これは使用していない時(夜間、お店が休みの時)などに、室内でのぼり旗を保管するようにしましょう。 汚れの原因は車の排気ガスが多いので、それに必要以上に触れさせないようにするようにしましょう。

次にのぼり旗の傷みの原因になるものですが、それには「ほつれ」があります。ほつれはなぜ起きてしまうのかと言い ますと、屋外で風を受けてはためいていているからです。それでどうしても角の方からほつれてしまいます。もちろん、 角を強化するような加工方法はありますが、それでも長い期間使用していますと、ほつれてしまいます。それでのぼり 旗の設置位置を注意するようにしましょう。電柱やガードレールなどにぶつからない場所を選びます。また風強い日 は、ほつれが起きやすいですし、危ないので室内にしまうようにしましょう。

最後にのぼり旗の傷みの原因としまして「色落ち」があります。これは日光に当たり続けることで起きてしまう現象で す。対策としましては、耐光性の強いインクを使用するか、また、日当たりが強すぎる場所には置かない、また置いた としても長時間の設置は控えるという方法があります。このような点を注意するなら、のぼり旗を少しでも長く持たせ ることができます。さらに関連する注意点として、のぼり旗は水ぬれには強いですが、擦れにはつよくありません。 それで洗濯、ドライクリーニングも控えるようにしましょう。もし濡れたままはためいた場合、色移りをすることもありま すので、周りの状況をみて設置ができるかどうか考えましょう。このようにのぼり旗は、色々対策をしていてもいずれは ダメになってしまうものなので、消耗品として考え、お店の見栄えのためにも定期的な交換をするようにお勧めいたします。