のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼりの存在のアピールする方法

のぼりを立てるのは、存在のアピールですから目立つことが第一という考え方もあります。道ゆく人の足を止め、興味 を促すというのがのぼりの役目ですから、デザインは目立つ必要があるというのは至極当然なのですが、センスがな ければ醜悪なだけ、そういったバランス感覚はのぼりをデザインしたり、のぼりを選んだりする人のセンスに依存しなければいけません。

優れたのぼりのデザインというのも、サービスやお店の商品によっていろいろです。
ラーメン屋さん用ののぼりので効果があったとしても、喫茶店では効果があるとは限らないのですから難しいというわけです。

例えば「味に自信あり」というのぼりはラーメン屋さんでも喫茶店でも使えそうですが、効果がありそうなのはラー メン屋さんです。のぼりを立てるお店側にしてみると、自分のお店のサービスや商品に一番ぴったりするものを考えたり、選んだりする必要があるわけです。

女性のファッションセンスと同じで、さりげなくても上品に見えたり、高級そうなものを並べてもチープに見えたりと、 本当に難しいというのが前提です。いろいろ迷っても、のぼりの色は単色で、白い文字だけで大きく商品名を書いてあ るのぼりが一番目立ったりするのは不思議なもので、目立てばいいというのは第一条件ですから間違いではないのです。

文字やデザインというのは不思議なもので、静止画が動いて見える錯視で有名なのは蛇の回転です。
ヘビ柄の円盤が勝手に回転して見える錯視ですが、これは黒→濃い灰色→白→薄い灰色→黒という方向へ脳が錯覚して動いてしまうという錯視を利用しています。

回転して見えるものや、左右に動くもの、のぼりのアイデアとしては面白いので、興味のある方は調べてみるのが オススメです。グラデーションの配色を使わなくても錯視を生じさせるデザインもありますし、のぼりに利用できる アイデアは多いのですが、屋外のぼりは風でなびくので、室内用のテーブルの上に立てる小型のぼりのアイデアとして利用するのがいいでしょう。