のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼり旗の印刷方法について

のぼり旗の印刷方法は大きく分けると2種類になります。ここではその方法と特徴をご紹介いたしましょう。まず一つ めの印刷方法は「オンデマンド印刷」です。これはデジタルデータをもとに印刷する方法のことです。この印刷方法の 特徴は、必要な枚数だけ、少量でものぼり旗を印刷することができるということです。またたくさんの色を使っても対応 力があるので、きれいにできるというメリットもあります。それで写真、イラストをフルカラーで仕上げたい方にはお勧 めの方法です。ちなみに、このオンデマンド印刷ですが、これも分けると2種類になります。

ひとつは「ダイレクト印刷タイプ」というもので、インクジェットプリンターを使って布地に直接印刷をします。
その後高熱をあてて仕上げます。もう一つは「昇華転写印刷タイプ」というもので、これはインクジェットプリンターを 転写紙に印刷し、その転写紙のインクを高熱で気化させ、布地を染めるという方法です。これらの方法はシルク印刷と 比べると、裏抜けが若干悪く、色の鮮やかさも浅くなるというデメリットはあります。

もうひとつの印刷方法は「シルクスクリーン印刷」というものです。これは網目状の板を使用し、上から圧をかけ、こす りつけるという方法の印刷です。このタイプの方法は、大量ののぼりを作る際、例えば100枚以上の場合などに良い方 法でしょう。もし少ない枚数で発注しますと、版代や制作工程が複雑な分、お値段も割高になってしまうでしょう。また もし色の数を多くしたい場合は、その分、値段も高くなります 枚数や色数によって工程が変わるのがこの印刷方法の 特徴です。どちらの印刷方法が良いかは、まず何枚のぼり旗を作りたいか、またどんなのぼり旗にしたいか、また予算 はいくらまでか、などといった点を踏まえて総合的に見て決めるようにしましょう。どんな方法が良いか分からない時 は、ほとんどのお店では相談に乗ってくれるでしょうから、自分の要望をまずまとめてから、その点を伝えて決めるよ うにしましょう。

中華麺よく一緒に読まれているコラム

● のぼり旗の加工について
● のぼりの印刷の方法