のぼり旗のオリジナル製作ならのぼり印刷.com オリジナルのぼり・旗の激安印刷のことなら何でもご相談ください!

のぼりの種類について

のぼり旗にも色々な種類があります。ここでは大まかに分けて4種類についてご紹介していきたいと思います。

まず「のぼり旗」です。これは最も出回っているタイプの旗のことです。生地には文字を書いたり、写真を付けたりと、 色々な加工をすることができます。このタイプののぼり旗は縦長で、上辺と横をチチと呼ばれるもので支え、ポールで 土台を固定することができます。旗の大きさは様々で、お店の雰囲気や周りの様子に合わせて、大き目にしたり小さめ にしたりすることもできます。

次に紹介するのが「ミニのぼり旗」です。これはのぼり旗の小さいタイプのものです。 これはテーブルやカウンターなどに設置が可能です。置くタイプのものや、吸バンなどで取り付けることもできます。 ミニ上りは、場所を取らないので、どこでも取り付けることができるというメリットがあります。

さらに別のものとして「ハーフのぼり」です。これは室内に取り付けるタイプのものです。最後は「奉納のぼり」です。 これは綿生地で「天竺」というものを使っているもので、大きさは90×600CMが使われているようです。特に神社など で多く使用されます。

まとめますと、「のぼり旗」「ミニのぼり旗」「ハーフのぼり」「奉納のぼり」の4種類になります。このように色々な 種類のものがあり、色々な場所で使い、色々な効果を上げることができます。また効果の上げ方として、一枚だけで 使うのではなく、伝えたいことを何枚かに分けて作成することもできます。空間が広い場合は、そのように使うなら 効果的でしょう。また、大きさを変えたり、色を変えたり、写真を張り付けたりすることもできます。またのぼり旗には 色々な種類の生地もあるので、用途に合わせて選ぶようにしましょう。生地の値段はお店によって違いますが、薄くて も丈夫なもの、また色つきのもの、雨に強いものなどなど色々あります。たくさん作れば、単価が安くなり、コストを 抑えることができます。

のぼり旗だけではなく、その他の関連グッズも一緒に申し込めるお店もありますから、そういうお店を利用するのも一つの手ですね。