のぼり・旗の激安通販専門店10000点以上を激安価格で販売!!

既製のぼり旗検索


のぼりデザイン

















店長写真
店長 伊丹 亮平
のぼり通販専門サイトをご
覧頂き有難うございます!
当サイトはのぼり旗の品揃
え、低価格販売日本一を
目指して日々努力しており
ます!のぼりの他にも
のれんやタペストリーなど
店舗用品も豊富にご用意
致しております!


営業日カレンダー
横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】




「思わず入りたくなる」店舗づくりのコツは入口のアイテムにあり!

店舗づくりのコツは入口のアイテムにあり

前を通ってみてなんとなく気になったお店、入ってみようかなと思ったけど入りづらい雰囲気だし辞めておこう・・・
誰でも1度はこういった経験をしたことがあるのではないでしょうか?このようなお店は、せっかくの集客のチャンスを自ら遠ざけてしまっています。
では、逆に入ってみたくなるお店とはどんなお店でしょうか?そんなお店の共通点として以下のような4つが挙げられます。

  • ☆ 店頭にメニュー看板やのぼりなどが立っていて、どういった商品やサービスを提供しているのかが分かりやすい。
  • ☆ 今現在営業中であることや、どこに店舗への入口があるかが明確で分かりやすい。
  • ☆ 店舗内はもちろん店舗周辺なども含め、常に清潔感がある。
  • ☆ 店内の雰囲気や接客している様子が外からでも分かることで安心感がある。

具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか?
いきなり改装するには費用も時間も必要になり、現実的にむずかしいでしょう。
そこで気軽にできる対策方法として、メニュー看板やのぼりなどの集客グッズを利用する事をおすすめします。
どういった商品やサービスを提供しているのか、誰が見ても分かるようにしてくれる集客グッズにはいくつかの種類があります。おすすめの集客グッズの特徴をご紹介します。

ブラックボード_例

【ブラックボードとは?】
ブラックボードとは、その名の通り「黒板」のことを指します。店舗自体や提供している商品やサービスを目立たせるためや、店頭の雰囲気を良くしてくれる効果を期待できる集客アイテムです。
ブラックボードの特徴は、書いた文字や絵を簡単に消すことができることです。新商品の宣伝や、季節ごとのオススメ、セール情報など、その都度変更することができ何度も繰り返し利用できます。

書き方のコツ ブラックボードに文字や絵でPOPを書く場合は、専用のマーカーを用意しましょう。お店のサービスや特徴を伝えるのであれば、ブラックボードを一目見てお店のサービスや特徴が伝わる言葉を使用することが書き方のコツです。
長々と書き過ぎてしまっている、逆にシンプル過ぎてお店のサービスや特徴が伝わっていない、ということがないよう客観的な気持ちで書きましょう。季節や行事ごとに変更することで、毎日お店の前を通る人にしっかりとアピールできます。
お手入れ方法 ブラックボードを毎日綺麗な状態に保つことも、集客のためには重要なことです。お手入れ方法は週に1回か2回ほど水に濡らした雑巾で拭いてあげます。雑巾はできるだけ固く絞って拭いてください。その後、乾いた布で水分や表面の埃を拭き取りましょう。
もし書いた文字や絵が落ちにくい場合は、メラミンスポンジで拭き取ると綺麗に消すことができます。
注意点 ブラックボード基本的に外に置くとこが多いため、風で飛んで行かないよう注意する必要があります。足に重りをつけるなどして、ブラックボードが飛んでいかないよう注意しましょう。
また、歩行者の邪魔にならないよう設置することも大切です。
ブラックボードを目立たせたいからといって、歩行者にぶつかったりするような場所に設置することは避けましょう。
店頭幕_例

【店頭幕とは?】
店頭幕とは、主に店舗の入口付近に軒下から地面にかけて吊るす布製の大きな看板です。
飲食店や美容院などさまざまな店舗で利用され、看板としての役割を果たします。

(海辺のそば様)

おすすめポイント 布の素材や印刷するカラーも選択でき、比較的安く作成できます。
軒先など吊るす場所があればどこでも設置することができるため、場所の変更などにも柔軟に対応でき、比較的簡単に設置することができます。風除けや日除けとしての効果もあります。
お手入れ方法 汚れがついたら柔らかい布で拭きましょう。その際は力を入れずに優しく拭き取る事が、長く愛用できるポイントです。
注意点 店頭幕は風で飛んでいかないよう、しっかりと固定できる重りを利用しましょう。店頭幕の一部が歩道にはみ出すなど、周囲に迷惑がかかるような設置は避けましょう。
のれん_例

【のれんとは?】
開店と同時に店先に掲げることで、お店の目印となるのれん。のれんは、出ていると営業中であることが一目で分かるため、お店の顔として、また店内のインテリアやしきりとして様々な場面で活躍してくれます。

おすすめポイント 取り外しが簡単で、扱いやすい事がのれんの特徴です。
さらに、のれんのデザインでお店のコンセプトや雰囲気をお客様に伝えることができます。
お手入れ方法 綿素材の場合、洗濯機で洗濯が可能です。ただし色移りしてしまう事があるので、単体で洗濯した方がいいでしょう。気になる方は手洗いをおすすめします。
注意点 布であるのれんは、燃えると火事を大きくしてしまう原因になってしまうため、火元に近い場所への設置は避けましょう。
また、設置場所によって丈の長さを考慮しなければなりませんので、サイズはきちんとはかりましょう。
バナースタンド_例

【バナースタンドとは?】
バナースタンドは、店舗や商品・サービスの宣伝やイベントの告知などに利用される集客グッズです。
店頭幕と似ていますが、自立式のものや巻き取れるロールアップタイプなど、設置方法によっていくつかの種類が存在します。
詳しく知りたい方はコチラ

おすすめポイント 持ち運びや設置は簡単に行うことが可能です。また、サイズも大きいため伝えたい内容をしっかりと表現することができる特徴もあります。
お店の外観や雰囲気に合わせたものを作ることで、より高い集客効果を得られます。
お手入れ方法 生地がトロマット(ポリエステル)ですので、濡れても大丈夫なのですが濡れた状態のままにすると劣化する原因にもなるので、こまめに布で拭きましょう。
注意点 屋外用は水を入れるタイプのスタンドがあり安定性も高く、風による転倒を防ぐ事ができます。設置の際は、通行人の妨げにならないよう注意しましょう。
のぼり旗_例

【のぼりとは?】
飲食店をはじめ様々なお店で見かけるのぼりも、定番の集客グッズの1つです。
お店の商品やサービスなどを印刷した布をポールに通して設置するだけで、いつでも簡単に設置や撤収が可能です。
書体や色の組み合わせで印象もガラリと変わるので、商品やお店の雰囲気や季節によって使い分ける事ができます。

(「なにわ製麺誉商店」 浪江様)

おすすめポイント サイズも自由に選べるため、お店の大きさに合わせて作成できます。
比較的安い価格で作成できることものぼりのメリットです。
1本は商品やサービスについてののぼり、もう1本はお店の雰囲気や特徴についてののぼり、と複数利用することでインパクトも出て道行く人へのアピール効果も高くなります。
お手入れ方法 ほこりや排気ガスで汚れやすいのぼりは、営業後仕舞う前に軽く布で拭きましょう。出来れば毎日拭いてあげると、長く使用出来ます。
注意点 設置する場所が悪いと効果を得られないため、歩行者が多いのか車が多いのかなど、立地環境にあわせてのぼりを設置しましょう。

お店の周辺に集客グッズを設置した良い宣伝ができても、肝心のお店の雰囲気が悪ければお客様はまだお店に入りたいと思いません。例えば、外から見て店内の様子が全く見えなければ、少し怪しい雰囲気を与えてしまいます。
また、どのような店員さんがいてどのような接客を行なっているのかが見えないことも、入店をためらう原因になります。
店内の様子や店の雰囲気が分かる、入りたいと思う扉や外観を心がけましょう。
入りやすいお店にするためには、以下の3点もおすすめの対策です。

  • ① 扉に窓を付ける
  • ② 扉自体をガラス張りにする
  • ③ 店内が分かるような大きな窓を作る

集客グッズで興味を持った人たちは、店内の様子が分かることで安心し、ようやくお客様として入店してくれるのです。
毎日たくさんの人たちが店舗の前を行き来する中、思わず入って見たくなるお店にはいくつかの特徴があります。
お客様の興味を惹くことができる店頭幕やのぼり、のれんなどの集客グッズをうまく利用し、お客様が入りたくなる店舗を作りましょう。
また、店内の様子や雰囲気が外からでも見えるお店であることも重要です。お客様に安心感を与えられるような、扉や外観でお客様を迎えましょう。
集客グッズによる宣伝と安心感のある雰囲気を演出することで、「思わず入ってみたくなる」店舗づくりを行なってみてください。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]