のぼり・旗の激安通販専門店10000点以上を激安価格で販売!!

既製のぼり旗検索


のぼりデザイン

















店長写真
店長 伊丹 亮平
のぼり通販専門サイトをご
覧頂き有難うございます!
当サイトはのぼり旗の品揃
え、低価格販売日本一を
目指して日々努力しており
ます!のぼりの他にも
のれんやタペストリーなど
店舗用品も豊富にご用意
致しております!


営業日カレンダー
横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】




一般的なのぼりのサイズは?利用シーン別オススメサイズをご紹介

のぼりのサイズ一覧

店舗やイベントでのお客様の呼び込みなど、さまざまな場所で活躍しているのぼりですが、のぼりを注文しようとしても思った以上にサイズ展開が豊富でサイズを選ぶ基準や方法がわからない・・・ということがありませんか?そのようなお悩みをお抱えの方に、のぼりの一般的なサイズと利用シーンごとにオススメのサイズをご紹介します!ぜひ場所や用途に合ったのぼり制作の参考にしてください。

静岡県飲食店「恵み屋」様商品事例

(静岡県  飲食店「恵み屋」 様)

サイズ レギュラーサイズ
横60cm×縦180cm
特徴 流通量が一番多く、最も一般的なサイズ
オススメの利用シーン 異なる種類ののぼりをたくさん並べたいとき

普段、商店街などの店先で見かけるのぼりですが、ほとんどが同じ大きさだと感じませんか?
実は、一般的に流通して使われているのぼりのほとんどが「レギュラーサイズ」と呼ばれているもので、さまざまなシチュエーションや用途で利用されています。

レギュラーサイズは種類が豊富にあるため、「SALE」や「新台入荷」など同じサイズで色々な種類ののぼりをズラリと並べることによって、通行人や車内から見ている人の目に留まります。また、レギュラーサイズを選んでおくことで新しくのぼりを追加したいときの選択肢も増えます。すでに既製品ののぼりを持っていてもほとんどがレギュラーサイズののぼりなので、追加で違ったメニューやデザインののぼりをいくつか設置しても統一感があり、お店の売りを効率よくアピールすることができます。

のぼりのサイズはたくさんありますが、レギュラーサイズ以外に代表的なものは「スリム」「ショート」「スリムショート」「ジャンボ」になります。注水台とポールの高さも含めると、レギュラーサイズでもかなり高く大きく見えるため、遠くからでも目立ち汎用性が高いレギュラーサイズののぼりは一番人気があります。ただし、設置する場所の都合などでレギュラーサイズが適さないということがあり、そのためにのぼりにはいろいろなサイズが展開されています。逆を言えば、「この場所にはスリムサイズののぼりがピッタリ」など、のぼりのサイズによって適したシーンがあるということになります。
こちらでは、利用シーンや目的ごとにレギュラーサイズ以外のオススメのサイズをご紹介いたします。

大阪府白瀧様商品事例

(大阪府  白瀧様)

サイズ スリムサイズ ショートサイズ スリムショートサイズ
横45cm×縦180cm 横60cm×縦150cm 横45cm×縦150cm
特徴 レギュラーサイズののぼりと比べて、横や縦の長さが短い
オススメの利用シーン 屋内のイベント時や設置場所が狭いとき 近くを通るお客様にアピールしたいとき 他の販促物の邪魔にならないように置きたいとき

それぞれ、レギュラーサイズののぼりと比べて、横と縦の長さが短いことが特徴です。

▼ オススメの利用シーン

【スリムサイズ】

屋内のイベントや、店頭に置きたいけど道幅が狭く歩行者の邪魔になってしまう時などにオススメです。また、新規オープンのお知らせのためにたくさん並べると見栄えがします。

【ミニサイズ】

レギュラーのぼりは至近距離で見ると大きく威圧感を与える場合があります。
女性向けのイベントなど、女性の目線に合わせる目的で設置する際に適しています。
デパートなどの飲食イベントなど、近くを通るお客様にアピールしたい時もオススメです。

【スリムショートサイズ】

コンビニなどの店頭に置かれることが多いのぼりです。
コンビニはのぼり以外にもポスターや販促の看板なども掲示されるため、他の販促物の邪魔にならないように置きたいときにオススメです。

ジャンボのぼり設置例
サイズ ジャンボサイズ
横90cm×縦270cm
特徴 レギュラーサイズの1.5倍
オススメの利用シーン 郊外の展示場や道路沿いにあるお店をアピールしたいとき

レギュラーサイズののぼりに比べて横と縦の長さが1.5倍になっており、遠くからでもすぐわかる大きさが特徴です。文字や色などを派手にして、ジャンボのぼりの特色を大いに活用しましょう。

▼ オススメの利用シーン

屋外の音楽フェスなど、とにかく目立たせて会場の誘導やグッズ売り場などの目印がわりに使うことが可能です。かなり遠くからでも目立つため、郊外の住宅展示場やロードサイドのパチンコ店や飲食店、農場の即売会などに並べるのもオススメです。
遠くから「ここに何があるのか」を知らせるために、ジャンボサイズののぼりは適しています。

上記のような定番のぼりの他に、ここ数年で誕生したのがハーフサイズミニサイズののぼりです。希望する設置場所に定番のぼりがしっくりこない時などにハーフのぼりは使い勝手がよく、それよりももっと小さなスペースに置く際はミニのぼりが活躍しています。
新定番のサイズとして、どちらも取り扱いが増えてきている商品です。

  • <ハーフサイズ>

    ハーフのぼり旗設置例
  • <ミニサイズ>

    ミニのぼり旗設置例
サイズ ハーフサイズ ミニサイズ
横30cm×縦90cm 横10cm×縦28cm
特徴 レギュラーサイズの1/2 卓上サイズ
オススメの利用シーン 天井が低く通路が狭い場所に設置したいとき 卓上サイズのため、ちょっとしたスペースでアピールしたいとき

▼ オススメの利用シーン

【ハーフサイズ】

スーパーマーケットやデパートなど、天井が低く通路が狭い場所に設置したいときに最適です。女性や子供の目にもつきやすく、導線が確保できるためお客様の邪魔をせずアピールすることが可能です。展示会の企業ブースなど、スペースが限られているところに設置すると場所を取らないため重宝されています。

【ミニサイズ】

卓上サイズのため、ちょっとしたスペースでのアピールに最適です。
スーパーマーケットのショーケースに並べる目玉商品のアピールのために、ミニのぼりを商品の間に置くだけで訴求効果バツグンです。
銀行や不動産業など、カウンター業務の場合も机の横に置くことができるので担当の名刺がわりや、取扱商品・物件のアピールに役立ちます。

このように、のぼりにはレギュラーサイズをはじめ定番と呼ばれるサイズだけでも数種類あり、ハーフやミニなど新定番といわれているサイズも登場しています。
のぼりを発注する前にぜひサイズを確認して、設置場所や用途に合ったのぼりを作りましょう。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]