のぼり・旗の激安通販専門店10000点以上を激安価格で販売!!




のぼりデザイン




夏のぼり特集











店長写真
店長 伊丹 亮平
のぼり通販専門サイトをご
覧頂き有難うございます!
当サイトはのぼり旗の品揃
え、低価格販売日本一を
目指して日々努力しており
ます!のぼりの他にも
のれんやタペストリーなど
店舗用品も豊富にご用意
致しております!


営業日カレンダー
横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】




効果を最大限に引き出すためののぼりサイズと設置方法

のぼりは目的を伝えやすく、集客に優れた使いやすい広告媒体として昔から使用されてきました。
使用目的に合わせて、適切なサイズののぼりを使用すれば集客効果はより期待できるでしょう。 とはいえ、のぼりのサイズは30冂度の小さなものから3m近い大きなものまであります。 どのサイズののぼりが自分が使用したい場面に適切なのぼりといえるのでしょうか。
のぼりのサイズ毎に、どういった場面での使用が適しているかご紹介します。

のぼりのサイズ

サイズ比較画像


レギュラーサイズ (幅600mm×高さ1,800mm)

のぼりの中では一番ポピュラーで、店舗外に設置をする時におすすめなのがこのレギュラーサイズです。 設置スペースに余裕があるのであれば、等間隔で旗を数本立てていくのも良いでしょう。 設置方法にバリエーションを持たせることで、高級感、統一感、華やかさなどを演出することも可能です。

レギュラーのぼりを作成

スリムサイズ (幅450mm×高さ1,800mm)

設置する箇所が狭い路地に面している、店舗内の狭い通路に設置するなど、展開スペースが限られた狭い範囲の場合、おすすめはスリムタイプです。 レギュラーサイズと高さは同じですので、人の目を引きやすい大きさである事に変わりはありません。 またスリムな分、スマートな印象を与えることもできるので、店舗の雰囲気によって使用するのも良いかもしれません。

スリムのぼりを作成

ショートサイズ (幅600mm×高さ1,500mm)

レギュラーよりも小さめののぼりです。 遠くではなく、近くの歩行者を意識する場合はこちらの方が適しています。 歩行者の中でも、特に女性の目線を意識する場合はこのショートサイズがおすすめです。

ショートのぼりを作成

スリムショートサイズ (幅450mm×高さ1,500mm)

スリム×ショートを掛け合わせたのぼりです。 とてもコンパクトなので、通路が狭い屋内で使用するのにも適しています。

スリムショートのぼりを作成

ジャンボサイズ (幅900mm×高さ2,700mm)

イベントで目立たせるなら特大サイズののぼりです。 広いスペースを有効に使用し、かつ遠くからでも目立たせることのできるのぼりです。 スペースがないと設置できないという難点はありますが、迫力もあり、ロードサイドなどでの設置が特に向いています。 その大きさと迫力から、車で移動している人の目に求まりやすいという特徴があります。

ジャンボのぼりを作成

ミニサイズ (幅100mm×高さ300mm)

ミニのぼり

ミニサイズは、レジや商品棚など視線が止まりやすい場所に設置するのが最も適しています。 のぼりの中でも人との視線が近く、デザインの全体を認識して貰える大きさになります。 他ののぼりとは異なり、デザイン性が考慮された親しみやすいミニサイズののぼりは可愛らしく、マスコットのような印象を与えることのできるツールとなります。

ミニのぼりを作成

設置方法バリエーション

どんなに適したサイズののぼりを用意しても、上手く設置ができなければ集客は期待できません。 遠方の歩行者を呼び込みたいのにのぼりを低い位置で設置していたら見て貰えませんし、逆に近距離の歩行者を呼び込みたいのに高い位置に設置していたら見て貰えません。

高さは揃える

設置するのぼりの高さですが、基本的には均一に揃えます。
同じ1,800mmののぼりを使用しても、その高さがまばらでは見栄えが悪く、歩行者からの認識がされ難くなってしまいます。
高さについては、これといった決まりはありません。 使用するのぼりのサイズや設置場所の条件など、様々な要素で適切な高さというものは変わってきます。

例えばレギュラーサイズのぼりを屋外使用、身長160僂魎霆爐箸靴胴佑┐疹豺腓任后 人はほぼ真正面に見える範囲しか集中してみる事ができませんが、認識をすることのできる範囲、ある程度見やすいといわれている範囲は45〜70度と範囲が広くなっています。 レギュラーサイズののぼりであれば、大体3m程度の高さに設置をすれば興味を引く範囲になりますね。
特大サイズのようにイベント会場やロードサイドなど、遠くからでも目立たせたいと考えた場合は大体5mくらいの高さに設置することが適切です。 特大サイズは3m程の低い位置に設置をしても、そのインパクトから十分に効果は期待できるので、必ずしも高い位置に設置をしなければいけないというわけではありません。

逆にミニサイズののぼりは実際に人の視界に入りやすい位置、高さに設置するといいでしょう。 例えばレジ付近や商品棚、お客様が商品を手に取る位置など、自然と視界に入る、目線が移動しやすい場所がいいですね。 ミニサイズは特に自由が効きやすいですので、実際に見て欲しいと思う場所に設置をし、見やすいと感じた箇所に設置するのが適切です。


等間隔で並べる

のぼりを並べて設置する場合、等間隔にしましょう。 あまり設置間隔が狭すぎるのは良くありません。 のぼり同士が邪魔をしてしまって「のぼりに何が書いてあるか分からない」という事になり、集客効果が全くなくなってしまいます。 かといって、感覚が広すぎるのも閑散とした印象を与えてよくありません。 一般的には120〜180僂最適だといわれており、特に180儡岾屬蓮嵋睨,隆岾屐廚半里気譴討い泙后

180僂至高と考えられている理由は尺貫法という、日本で昔から使用されていた単位系にあります。 尺貫法の中にある一間という単位は、メートル法にして約180僉 日本人は古来より約180僂魄豢萓擇蠅箸靴討り、馴染みがあるものとすれば畳の長編がこの一間になり、土地・住まいの単位である1坪は畳2枚分(正方形)で二間になります。 180cm間隔は日本人が暮らしの中で利用してきたものなので、無意識レベルでこの間隔が馴染んでおり、受け入れやすいのかもしれません。 なので、通常であればこの120〜180僂隆恭个農瀉屬鬚垢譴侈簑蠅呂覆い任靴腓Α

これ以外にも、同じ種類ののぼりを並べ訴求力を高める、のぼりの内容が異なっていたら同系色でまとめるなど色の統一感によるデザイン面でも優れています。 またのぼりにはポールで設置するものだけではなく、壁に掛けるタイプのものもあります。 のぼりはサイズだけではなく、デザイン、設置方法などを組み合わせることで広告としての表現力や訴求力は無限大に広がります。
用途にあった適切なのぼりを設置して、集客アップを目指しましょう。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]