のぼり・旗の激安通販専門店10000点以上を激安価格で販売!!

既製のぼり旗検索


のぼりデザイン
新デザイン既製のぼり

取付器具







取付器具








店長写真
店長 伊丹 亮平
のぼり通販専門サイトをご
覧頂き有難うございます!
当サイトはのぼり旗の品揃
え、低価格販売日本一を
目指して日々努力しており
ます!のぼりの他にも
のれんやタペストリーなど
店舗用品も豊富にご用意
致しております!


営業日カレンダー
横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】




のぼりでの宣伝は効果アリ!?さらに宣伝効果を高めるポイントをご紹介

のぼり旗を使っての宣伝は効果がある!「宣伝」より前に「認識」

飲食店をはじめ様々なお店で見かけるのぼりですが、のぼりを使うことによるお店や商品の宣伝はどれだけの効果があるのでしょうか?
まずその疑問にずばりお答えすると、のぼりを使っての宣伝効果は大いにあります。入店するきっかけはまずお店の存在を知ってもらうことです。その第一歩において、のぼりを使うことは大きな宣伝効果をもたらしてくれます。

積極的に宣伝しないと人は新店舗でも認識してくれない?

例えばあなたのお店が新たにオープンした場合、お店の前を毎日通る人たちは、すぐにあなたのお店の存在に気付くことができるでしょうか?もちろん、お店を実際に目にした人たちは、新たにオープンしたあなたのお店の存在に気づく人もいるでしょうが、立地条件や周囲の環境によってはただ前を通り過ぎるだけで、新たにオープンしたお店になかなか気がつかないものです。
しかし、もしもそのお店の周囲に、ひと目であなたのお店がオープンしたと分かる「のぼり」があればどうでしょうか。それだけで、たくさんの人があなたのお店の存在を認識してくれるのです。

のぼりを設置することで実際に大きな効果を得ることができた、という飲食店やお店はたくさんございます。のぼりでお店の存在や商品、特徴をお客様に知ってもらうことで宣伝効果を高めてくれるのです。
では、のぼりを使ってより効果的にお店や商品の宣伝をするために、しなければいけない工夫とはどういったものがあるのでしょうか?【制作編】と【設置編】に分けてご紹介します。

のぼりを使ってより効果的に宣伝するための4つのポイント

のぼりを使ってより集客効果を上げる、または宣伝効果を上げる4つのポイントをご紹介します。のぼりを設置する際のポイントをしっかり抑えて、他店舗に差をつけましょう!

  1. 【制作編】「目立つ」のぼりではなく「興味」が惹かれるのぼりを意識する
  2. 【制作編】伝えたいことはシンプルかつ具体的な内容にする
  3. 【制作・設置編】お店の雰囲気にあったデザインで宣伝&お店の周りを豪華にする
  4. 【設置編】周辺環境を確認し、予めのぼりを設置する場所を決めておく

1.【制作編】「目立つ」のぼりではなく「興味」が惹かれるのぼりを意識する

人の目につく、とにかく見てもらうことができる「目立つ」のぼりにすれば良いのか?というとそれは間違いです。「目立つ」ということは、「興味」を惹かれることとイコールにはなりません。ただ単に目立つだけではなく、宣伝をするターゲットに「興味」を惹かれるのぼりでなければならないのです。例えば、希少性の高い商品には自然と興味が惹かれる心理が働きます。数量限定メニューや地域限定メニューなど、今ここでしか手に入らないものであることを示すことで、のぼりを見た人の興味を惹くことができるのです。
他にも、知名度や人気のある人物のおすすめであることなど、のぼりを見る人にとって信頼できる人物のおすすめや推奨を得ていることがわかるのぼり、セミナーやカウンセリングのサービスを提供している場合は、初回割引・初回無料などの特別感を出すことも興味が惹かれる心理が働きます。

効果的に宣伝するポイント!

「希少性」「口コミ」「特別感」などのお得情報を盛り込んでターゲット層に
興味を持ってもらうような宣伝文句を入れましょう。

2.【制作編】伝えたいことはシンプルかつ具体的な内容にする

2つ目のポイントは、のぼりで伝える内容をシンプルかつ具体的な内容にするということです。
お店などにのぼりを設置する際、特徴やアピールするポイントなどの情報をできるだけ豊富に伝えたいと考えてしまいがちですが、それは逆効果になってしまいます。
情報が多すぎることで文章が長く、まず読んでもらうことすらもできないという危険性もあります。
こういった抽象的で内容が長いだけののぼりでは、お客様がそのお店を選ぶ決め手にはならないのです。
パッとひと目見て情報がしっかりと簡単に伝わるシンプルさと、どういう特徴があるのかが具体的に分かる内容にしましょう。デザイン例を見ていただくと分かるように、ランチで安さを売りにしたいのであれば「ワンコインランチ」にする、ラーメン店であれば「ラーメンだけでなく」「とんこつ(醤油・塩)らーめん」にするなど、情報をより具体的にすることがポイントです。

効果的に宣伝するポイント!

伝えたい情報が抽象的で内容が多すぎると読んでもらえないが、
一番売り込みたい情報をシンプルかつ具体的に表現することがよりのぼりの宣伝効果を高めます。

Q. 昼食を食べたいと考えているあなたはどの「のぼり」に惹かれますか?
ラーメンのぼり ランチのぼり 味噌らーめんのぼり ワンコインランチのぼり

3.【制作・設置編】お店の雰囲気にあったデザインで宣伝&お店の周りを豪華にする

のぼりの宣伝効果を高める上で、のぼりの内容と同じように重要なポイントがのぼりのデザインです。のぼりを出すお店の雰囲気に合わせたのぼりを作ることで、お店の雰囲気を伝える宣伝にもなります。 女性のお客様の集客を狙った明るく落ち着いた、暖色系の雰囲気のカフェで、男性らしい力強いフォントや単色の派手すぎる色味の強いデザインののぼりを設置してしまっていては、どれだけ店内の雰囲気が良くてものぼりで台無しになってしまいます。 お店の雰囲気に合わせた、よりお店を日立たせるデザインののぼりを設置できれば、それだけでお店の雰囲気が伝わり、集客・宣伝効果が上がります。さらに、お店の雰囲気にあったデザインののぼりを設置することで、そのお店の周りや外観をより豪華で華やかに見せるという効果も期待できます。お店の宣伝効果に影響するデザイン制作にもしっかりとこだわりましょう。

効果的に宣伝するポイント!

商品やサービスの宣伝だけではなく、お店の雰囲気を大きく宣伝するには、
お店の雰囲気と似たのぼりを準備し設置する。

4.【設置編】周辺環境を確認し、予めのぼりを設置する場所を決めておく

のぼりを使ってより効果的に宣伝するための最後のポイントは、設置場所です。お店の立地状況などに合わせてのぼりを設置する場所を決めましょう。
歩行者が多い場合はお店の前に、歩く歩幅に合わせてのぼりを設置し、車の通りが多い場所では道路側など車からでも見えるように設置するなどの工夫が必要です。
のぼりを使ってお店までの道順を示すような設置方法も効果的です。人通りの多い道路から階段を登ったところにお店がある場合、お店の前にのぼりを設置していてはなかなか人目につきません。こういった場合、人通りの多い道路からお店までの導線替わりとしてのぼりを設置することで、のぼりの宣伝効果を高めることができます。
道路近くに設置する場合、のぼりが倒れて車など周囲の物を破損してしまったということが起きないよう、ポールをしっかり固定することなどの注意点も抑えておきましょう。

効果的に宣伝するポイント!

歩行者:歩幅に合わせてのぼりを設置
運転手:道路側に等間隔におき車から見える距離に設置
道路からお店が離れている場合:道路からお店の前までのぼりを導線替わりに設置

商品やサービスの宣伝に「のぼり」が選ばれる3つの理由

お店や商品の宣伝にはのぼりだけでなく広告や看板など様々な方法が存在しますが、その中でもなぜのぼりを選ぶ飲食店やお店は多いのでしょうか。宣伝にのぼりが利用される理由は、いくつか存在します。

  1. 安い価格で大きな宣言効果を見込むことができる
  2. 人件費を使わず年中無休で宣伝できる
  3. どこにどのようなお店があるのかが一目瞭然である

まず1つ目は安い価格で大きな宣言効果を見込むことができるからです。
フリーペーパーなどの広告には、高いコストが必要になります。掛かってしまったコストを取り返すだけの集客ができなければ、宣伝のお客様どころか赤字を出すことになってしまいます。
それに比べのぼりは非常に安い価格で作成することが可能で、さらに1度作ってしまえばそれ以降に掛かる費用もほとんどありません。

2つ目は人件費を使わず年中無休で宣伝できること。
ティッシュ配りやチラシ配りなどは、配るための人手がいなければ宣伝をすることができません。
のぼりは、設置するだけで宣伝効果を発揮します。1人で営業を行っている飲食店やお店にとっては、いつでも年中無休で宣伝ができることはのぼりを使う大きなメリットの1つです。

そして何より、のぼりを設置することはどこにどのようなお店があるのかが一目瞭然であることも大きなメリットです。興味が惹かれたのぼりを見つければ、そのお店にすぐにでも入店することができるのです。
こういった様々なメリットが宣伝にのぼりが利用される理由といえます。

のぼりの取り扱い方法で宣伝効果は左右される

屋外に設置することがほとんどののぼりですが、生地の特性により屋外に置くことで劣化してしまうという注意点もあります。
非常に興味を惹く魅力的なのぼりでも、生地がほつれや汚れ、印刷の色あせなどで見栄えが悪くなってしまっていては、その効果は薄れてしまいます。
お店ののぼりの取り扱い方法によっては、そのお店の衛生環境を疑問視され悪い印象を与るなど、のぼりの宣伝効果を下げることになってしまうのです。どれだけ丁寧に扱っていても、同じのぼりを長期間使うとほつれや汚れ、色あせなどでの劣化を完全に防ぐことは不可能といえます。
のぼりの宣伝効果を常に高く保つためにも、定期的にのぼりを交換することも必要です。

■関連記事・・・気になるのぼりの耐久性と長持ちのコツ

のぼりの取り扱い方法の1つとして、複数ののぼりを活用することで宣伝効果に変化をもたらすことが可能です。
興味を惹くことができるのぼりでも毎日365日設置され続けていれば、何度も見かけたことがある人たちにとっては、興味の無いのぼりになってしまいます。
一種類ののぼりを何度も掲げるのではなく、複数ののぼりを不定期に変えて掲げることでより多くの人の興味を惹くことができます。

人それぞれに興味を惹くポイントは異なります。定期的にのぼりの種類を変えることで様々な角度からお店や商品の宣伝を行うことができるのです。
また、何度も通ってくれている常連のお客様に対しても、のぼりが変わることで新たな興味を惹くことができます。
是非一度試してみてはいかがでしょうか。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]