のぼり・旗の激安通販専門店10000点以上を激安価格で販売!!




のぼりデザイン






秋冬の定番!鍋料理











店長写真
店長 伊丹 亮平
のぼり通販専門サイトをご
覧頂き有難うございます!
当サイトはのぼり旗の品揃
え、低価格販売日本一を
目指して日々努力しており
ます!のぼりの他にも
のれんやタペストリーなど
店舗用品も豊富にご用意
致しております!


営業日カレンダー
横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】




のぼり旗の作成ポイント
のぼり旗の作成ポイント

自分でのぼり旗を作成する場合、押さえておきたいポイントをご紹介しておきます。まずのぼり旗のターゲットは誰か
はっきりさせます。特に、お店の前で立てるのぼり旗の場合、車のドライバーや歩行者になると思いますが、彼らは
常に動いているということを念頭に置いておくべきです。それで常に走っていたり、歩いていたりする人でも、一目で伝
えたいことが伝わるのぼり旗を作りましょう。その場合、情報量は最小現に絞るようにしましょう 例えば、商品をアピー
ルしたいのか、それともサービス内容をアピールしたいのか、といった具合です。

次にのぼり旗のデザインの方向性を決めます。例えばサービス内容をアピールすると決めた場合、文字を中心とした
デザインを作るようにします。「夜八時以降タイムセール」「ワンコインランチ」「スカーフ一枚100円」という感じに、文字
で具体的なものを表現していきます。もし商品をアピールしたい場合は、文字は最小限にとどめ、写真やイラストを配
置するなら、目の引くのぼり旗を作ることができます。さらにのぼり旗作成ポイントとして、のぼり旗デザインに取り
入れるモチーフの選択をします。例えばのぼりを設置する季節を考慮したり、内容にあったモチーフを選びます。
夏であれば、太陽、海、ひまわりなどで、冬であれば雪だるまや、サンタクロースという方法もあります。写真、イラスト
を入れたりします。のぼり旗のレイアウトですが、あまり細かくするのはやめましょう。20M〜30Mから離れても、一目
でわかるようなものを作るのがポイントです。シンプルがベストでしょう。もし写真を入れたい場合でも、全体を収めよ
うとしなくても、何かが一目でわかれば、半分でも十分です。最後に当たり前ですが、お店の名前を忘れずに印刷しま
しょう。誰が情報を発信しているかを明確にしておくことは、お店の宣伝につながります。このようにいくつかのポイ
ントを押さえ、自分でもオリジナルのぼり旗を作ることは可能です。是非、ネット上の情報も参考にして、作ってみま
しょう。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]