のぼり・旗の激安通販専門店10000点以上を激安価格で販売!!




のぼりデザイン






秋冬の定番!鍋料理











店長写真
店長 伊丹 亮平
のぼり通販専門サイトをご
覧頂き有難うございます!
当サイトはのぼり旗の品揃
え、低価格販売日本一を
目指して日々努力しており
ます!のぼりの他にも
のれんやタペストリーなど
店舗用品も豊富にご用意
致しております!


営業日カレンダー
横断幕・懸垂幕・垂れ幕・応援幕・店頭幕の専門店【MAKUSHOP】




のぼりコラム

のぼりといえばいわゆる縦長の旗を想像するかと思いますが、他にも様々な形や種類があるのはご存じでしょうか?
今回はのぼりの形についてご紹介します。
≫続きを読む

「のぼり」は本当に集客に必要なのでしょうか?
のぼりが実際にどのくらいの集客効果を生み出しているか実例や実際のお客様の声を元に検証してみましょう。
≫続きを読む

のぼりを設置したにも関わらず、思いのほか集客効果が見込めない 事はありませんか?その原因は「色」 にあるかもしれません。
目立つ色より、お客様に入店したいと思わせる色を使って集客効果をアップさせましょう。
≫続きを読む

のぼり旗は、道を歩いていればよく見かけますが、ここではのぼりの定義についてご紹介したいと思います。
のぼりは、旗の一種で、上と縦にチチをつけて、・・・
≫続きを読む

のぼり旗にも色々な種類があります ここでは大まかに分けて4種類についてご紹介していきたいと思います。
まず「のぼり旗」です これは最も出回っているタイプの旗のことです ・・・
≫続きを読む

のぼり旗にはどんなメリットがあるのでしょうか ここではのぼり旗の効果についてご紹介していきましょう。
まず一つめに[お店の存在をアピールする]ことができます・・・
≫続きを読む

ではのぼり旗を上手に使う方法についてご紹介いたしましょう まずのぼり旗の旗と旗との間隔ですが、1M80CMが
一番最適な間隔です。というのも、狭い所に、狭い間隔でたくさん立ててもアピールにならず、・・・
≫続きを読む

のぼり旗はいつの時代から使われてきたのでしょうか ここでは、のぼり旗の歴史についてお話していきたいと思い
ます。のぼりの歴史は、中国の魏志倭人伝によると、魏の国が耶馬台国卑弥呼に戦い用の・・・
≫続きを読む

のぼり旗を長持ちさせるためにはどうしたらよいでしょうか 基本、のぼり旗の寿命は約1〜3カ月であると言われて
います。でも手入れや使い方次第で、もう少し延ばすこと・・・
≫続きを読む

のぼり旗をインターネットで注文することは、今では主流となってきている方法です ですが、いざネットで調べて
みるとのぼり旗業者のサイトがたくさんあってビックリされることでしょう ・・・
≫続きを読む

のぼり旗の印刷方法は大きく分けると2種類になります ここではその方法と特徴をご紹介いたしましょう。
まず一つめの印刷方法は「オンデマンド印刷」です  ・・・
≫続きを読む

自分でのぼり旗を作成する場合、押さえておきたいポイントをご紹介しておきます まずのぼり旗のターゲットは誰か
はっきりさせます 特に、お店の前で立てるのぼり旗の場合、・・・
≫続きを読む

のぼり旗のデザインが決まったら、最後にのぼり旗に施す加工についても勉強していきましょう。のぼり旗にも色々な
加工方法があり、それをすることで長持ちさせることができます ・・・
≫続きを読む

日本ののぼりが歴史の上で語られる場合、戦いで使うもの、信仰に使うもの、興行で使うものに大きく分けることが
出来ます。戦いで使うものは古くは中国の魏志倭人伝の中に、また源氏の白旗・平家の赤旗などものぼりであった・・・
≫続きを読む

のぼりにはどれくらいの経済効果があるのかを考えてみる場合、のぼりの効果のポイントを告知におくのか、集客に
おくのか、売上げにおくのかによってまったく違ってくるからです。・・・
≫続きを読む

のぼりの種類はいろいろです。
例えば、生地、サイズ、形状、色、蛍光性、防炎処理など、何百種類ののぼりに分類することも可能です。・・・
≫続きを読む

のぼりは以前色ごとに版を作り捺染プリントという方法で、1色ずつ印刷していました。ですから、1枚ののぼりを作る
場合にはとても費用が合わず、のぼりを作りたいと考えた場合には100枚単位で作ることが普通でした。・・・
≫続きを読む

こだわりのオリジナルのぼりを作りたいと考えるのは誰でも同じですが、すべての人が優れたデザイナーや
クリエーターになれないと同じで、オリジナルののぼりを作るのは極めて難しい作業です。・・・
≫続きを読む

のぼりのデザインはシンプルイズベストと言われています。
文字数は少なければ少ないほどよく、色数も少なければ少ないほどいいと言われています。・・・
≫続きを読む

人間の文字認識の能力はいまのところコンピュータソフト以上と言われています。
まず柔軟性が高いというのがコンピュータソフトには真似が出来ないというところ。・・・
≫続きを読む

番号ポータビリティーというのはもう死語になっているかも知れません。携帯電話会社を変えても番号を継続できる
「番号持ち運び制度」のことですが、2006年には携帯電話はあってもスマートフォン(スマホ)はなかった・・・
≫続きを読む

いかに無意識に訴えて記憶してもらうかがのぼりを立てる際のテクニックです。のぼりを毎日お店の前に立てるのは
とても大変ですが、毎日立てることによって、お店はだんだんと認知されていきますし、認知してもらう必要があります。・・・
≫続きを読む

通販業界がカタログ通販からネット通販に顧客誘導をし始めて3年くらい経ちますが、その間に流行らなかったのは
iPadくらいで、タブレット端末がもっと主流になると予想していた人はみんな大ハズレという状況です。・・・
≫続きを読む

のぼりの配色は白を活用するのがポイントです。白があることで暗い色はより暗く見えるので、白地に黒の文字と
いうのが黒が一番映えるという理屈になっています。・・・
≫続きを読む

のぼり書体は明朝体やゴシック体などの印刷用の書体よりは数が多く、のぼりの印象を決めるものと言っても過言で
はありません。・・・
≫続きを読む

テレビの地上波の番組が無料なのは広告ツールとして使われるからで、NHKが受信料をとるのはコマーシャルが入って
いないからです。NHKが広告主の意向で番組を作るようになると、例えば、朝の連続ドラマの主人公が特定の・・・
≫続きを読む

のぼりを立てるのは、存在のアピールですから目立つことが第一という考え方もあります。
道ゆく人の足を止め、興味を促すというのがのぼりの役目ですから、デザインは目立つ必要があるというのは至極
当然なのですが、センスがなければ醜悪なだけ、そういったバランス感覚はのぼりをデザインしたり・・・
≫続きを読む

オリジナルのぼりにどうしてもする必要がなければ、既成のぼりから気に入ったデザインのものを選ぶのがオススメ
です。オリジナルのぼりのデザインにするのにでも、まず既成のぼりの効果を確認してみてから、のぼりの効果・・・
≫続きを読む

のぼりで売上げアップを狙うのはお店をやっていれば当然です。
どんなに優れたサービスや商品でもまず気付いてもらわなければ、売上げアップには繋がらないのです・・・
≫続きを読む

目から入った情報が整理されて、それに反応するのは約0.5秒かかると言われていて、早くても0.1秒かかります。
これは陸上競技のフライングにも使われていて、合図から0.1秒以内に反応するとフライングと判定する仕組み・・・
≫続きを読む

はっきりと証明されているわけではありませんが、よく男性の脳と女性の脳が違うと言われます。女性は地図を読む
のが苦手であり、それは男性が動物を狩りに行き、食料を調達する役目を果たし、女は住居を守りながら自分・・・
≫続きを読む

地方自治体の条例で路上喫煙禁止条例や歩きたばこ禁止条例が増えています。最初に条例を作ったのは東京都
千代田区、しかし、海水浴場での禁煙条例は東京都千代田区より以前に京都府京丹後市「琴引浜」で罰金・・・
≫続きを読む

のぼりの配色で地域の景観と共生が必要というのはとても恣意的なものを感じます。景観にそぐわないという判断が
誰によって決められるのか分からないからです。・・・
≫続きを読む

何かを訴求する時に、視覚に訴える力のあるのぼりはとても効果的です。
そしてのぼりは見知らぬ人とのコミュニケーションのきっかけ、出会いの架け橋です。・・・
≫続きを読む

宣伝やコミュニケーションツールとしてのぼりはとても効果的です。
無地ののぼりで一からデザインを考えて作成する。そんな味のあるのぼりを作る時のポイントや注意すべき点とは?
≫続きを読む

のぼりの一部分である「チチ」とは一体どのような役割があるのでしょうか?
弊社が取り扱っているのぼりを参考に、「チチ」について説明していきます。
≫続きを読む

のぼりは一枚の布からできていますが、その生地にも様々な素材や材質のものが使われているのをご存知でしょうか?
意外と知らないのぼりの生地の種類や加工、用途ごとに最適なのぼりの材質などをご紹介いたします。
≫続きを読む

どのサイズののぼりが自分が使用したい場面に適切なのぼりといえるのでしょうか?
のぼりのサイズ毎に、どういった場面での使用が適しているかご紹介します。
≫続きを読む

のぼりは風の影響を受けやすく、転倒や巻き上げ・巻きつきなどが起こってしまいます。
そうならないように転倒防止や巻き上がり防止のグッズなどで対策しましょう。
≫続きを読む

のぼりを使用していて気になるのは、その耐久性や寿命ではないでしょうか。
少しでも長持ちさせるためのコツをご紹介いたします。
≫続きを読む




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]